2022年トゲアリの寄生の試み 1 T20220910-53

2通りの方法でトゲアリの寄生を試みようと思います。
① 一時的社会寄生
昨年新女王アリを採集したクロオオアリのコロニーを寄主とする 5例
② 直短的社会寄生
飼育中のトゲアリのコロニーから働きアリを取り出し、女王アリと合併する 5例

9月12日、トゲアリの新女王アリ(S/N:T20220910-54 9月10日採集)を入れているクリアカップの中に、クロオオアリのコロニーS/N:BH210523-18(新女王アリを昨年の5月23日に採集)の働きアリを1匹入れました。

9月12日10時18分撮影

ところが、T20220910-54は化粧行為はしませんでした。そこで、別のトゲアリの新女王アリ(S/N:T20220910-53 9月10日採集)を寄生させることにしました。この女王アリは化粧行為を直ぐに始めました。

10時26分撮影

クリアカップの蓋を開けると、クロオオアリを捕捉したままカップの外に出て来ましたので、フィルムケースで捕らえて、BH210523-18の飼育ケース(カップ型コンクリート人工巣)の上に持って行き、自然に人工巣の中に入るようにしました。T20220910-53は、クロオオアリを咥えたまま、人工巣の中に入って行きました。

クロオオアリを咥えたままで巣に侵入 11時10分撮影
巣の部屋に入ってたもまだクロオオアリを咥えていた 11時11分撮影

そして、クロオオアリの働きアリから時々攻撃を受けながらも、クロオオアリの女王アリの左頸に咬みつきました。

働きアリから攻撃されるトゲアリの女王アリ 11時35分撮影
クロオオアリの頸に左から咬みついている 11時52分撮影

この咬みつきの体勢は、寄生の最初の段階を成し遂げたことを意味しています。順調に寄生が始まったと言うことです。
以下はその後の経過です。

9月13日9時17分撮影
9月14日8時21分撮影
9月15日8時21分撮影
9月16日8時39分撮影

9月12日から4日間、トゲアリの女王アリは、クロオオアリの女王アリの頸を咬み続けています。寄生は順調なようです。

2022年トゲアリの寄生の試み 1 T20220910-53」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 2022年トゲアリの寄生の試み 2 T20220910-54 | anttech.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください