2022年トゲアリの直短寄生の試み 2 T20220910-15

直短的社会寄生の2例目を試みました。寄主を飼育中のトゲアリのコロニーS/N:T140906-40(新女王アリを2014年の9月6日に採集)とし、トゲアリの新女王アリT20220910-15(9月10日採集)を寄生(合同)させます。
カップ型コンクリート人工巣にトゲアリの女王アリを入れ、次にトゲアリの働きアリを1匹入れました。直ぐに戦いが始まりました。直短的社会寄生の1例目では、働きアリの方から攻撃を始めたように見えましたが、今回は女王アリの方から働きアリに取りついたようです。

9月19日20時38分撮影
20時38分撮影

この後、両者が離れると、2匹とも体をコンクリート面に擦り付けるような行動が見られ、争いが起こらなくなりました。

体をコンクリート面に擦り付けながら歩く働きアリ 20時39分撮影
体をコンクリート面に擦り付けながら歩く女王アリ 20時39分撮影
「和解」したかのように「くつろぐ」女王アリと働きアリ 20時42分撮影

T140906-40の働きアリを更に9匹加えました。時々化粧行為が見られました。また、僅かな回数栄養交換が見られました。

働きアリを新たに9匹加え、蜜と水を与えた 21時54分撮影
化粧行為 22時8分撮影
僅かな回数栄養交換も見られた 22時11分撮影

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください