以前からのトゲアリ3例の様子(2024年1月31日)

2022年の9月に寄生を始めた5例のトゲアリのコロニーの様子については、1月15日に触れています。この5例の他には、それ以前から飼育しているトゲアリのコロニーが3例あります。
その内、最も古く、また最も大きなコロニーになっているのは、T140906-40です。
(2012年6月14日にクロオオアリの新女王アリを採集したコロニー〈B-NESTCON01024〉に2014年9月11日に寄生開始)

T180919は、2015年5月15日に新女王アリを採集したクロオオアリのコロニー(B15002)に2018年9月22日に寄生を開始したトゲアリのコロニーです。

T210912-02は、2017年5月30日に新女王アリを採集したクロオオアリのコロニー(BK170530-040)に2021年9月16日に寄生を開始したトゲアリのコロニーです。

トゲアリの働きアリがとても増えているのがわかる
棚の上段にはクロオオアリが多数見られる

以前からのトゲアリ3例の様子(2024年1月31日)」への2件のフィードバック

  1. 奈良隆平

    質問失礼します。
    2022年の冬に採取したトゲアリの女王を採取しまして、今年の1月にムネアカオオアリに寄生を試みました。しかし、女王はワーカーと接触しても逃げるばかりで匂い付けをしようとしませんでした。別の日も試して見たのですが結果は同じでした。長期間空いてしまうと寄生本能が薄れてしまうのでしょうか?
    この場合寄生はもう難しいのでしょうか。
    よろしくお願い致します。

    返信
    1. admin 投稿作成者

      コメントありがとうございます。
      ほぼ1年強前に採集したトゲアリの女王アリのことですね。トゲアリの女王アリの寿命(https://anttech.jp/?p=7891)は、ほぼ1ヶ月ほどですから、この女王アリは、何らかのコロニーの中にいたのでしょうか。
      それはともかくとして、私の観察からも、奈良さんがおっしゃるように「長期間空いてしまうと寄生本能が薄れてしまう」と言えそうです。
      以下のブログが参考になるかと思います。
      「季節外れのトゲアリの新女王アリ」(https://anttech.jp/?p=4330)
      「季節外れのトゲアリの新女王アリ その後」(https://anttech.jp/?p=4344)
      「今年も季節外れのトゲアリの新女王アリを採集」(https://anttech.jp/?p=5311)
      その対策については、私にはまだ経験がありませんので、私にとっても今後の課題です。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください